次世代採用情報

トピックス

採用情報 > 次世代採用情報 > トピックス > だから事業会社はおもしろい!キーパーソンが語るトリドールの魅力。

だから事業会社はおもしろい!キーパーソンが語るトリドールの魅力。

だから事業会社はおもしろい!キーパーソンが語るトリドールの魅力。

それぞれに異なるキャリアの持ち主がトリドールに集結した理由とは?

小林:トリドールの主力メンバーで座談会をする、ということでこうして集まったわけだけれども、考えてみたら3人とも私が面接して入ってもらった人たちでした。
常務取締役 兼 CFO
小林 寛之

同志社大学院在学中に公認会計士資格を取得し、修了後は大手監査法人に入社。数々の監査業務に従事した後、PE(プライベートエクイティ)ファンドに転じ、バイアウト投資を担う中、投資先企業の経営改革にも携わった。その後、2014年にトリドール入社。経営者志向のプロ人材拡充で成果を上げながら経営企画部門を確立。執行役員等を経て、2019年には常務取締役就任。現在はCFOとしての役割に注力している。


足谷:僕らだけじゃないですよ、「小林さんがいたから決めました」という人間がこの会社にはたくさんいるんです。責任を感じてください(笑)。そもそも僕なんて、前職で相当にやんちゃなことをしてきた人間ですし。
経営戦略本部 ジュニアディレクター/株式会社SONOKO CFO
足谷 一洸

慶應義塾大学卒業後、大手自動車メーカーに入社。異例の抜擢人事による入社1年目での経営企画本部に配属を決め、財務関連の業務やグループ企業の管理業務等に携わった。その後、2018年にトリドール入社。経営戦略本部で国内事業のPMIに携わった後、同社最大案件である香港事業のPMIも担当。現在は事業整理や子会社の構造改革等複数のプロジェクトをリードしつつ、全グループレベルでの人材力強化の方針に添い、全社人事制度改革の策定・実行等に注力。並行してグループ企業「SONOKO」のCFOも担っている。


小林:ただ単にわがままな人だったら困るけれども、私が望んでいたのは立場や年齢や経験値なんて関係なく、上が決めたことや言っていることが違うと思ったら「ノー」と言える顔ぶれを揃えていくことだったから、そういう視点で足谷さんはとても貴重な戦力に思えたんですよ。

鳶本:小林さんの場合、こうと決めたらしつこいですからね。私も内定をもらえたことは嬉しかったけれど、前職での仕事の都合もあってタイミングを見定めようとしていたのに「まだ?まだ?」って(笑)。
執行役員 CHRO 兼 経営戦略本部 本部長
鳶本 真章

大学卒業後、大手自動車メーカーに入社。マーケティング領域に従事した後、京都大学大学院でのMBA取得を経て、大手外資系コンサルティングファームへ。多様な経営戦略案件にコンサルタントとして携わった後、大手日系建材メーカーで社内コンサルティング部門を担当。その後、複数のベンチャー企業での経営支援を経て2018年にトリドール入社。以来、グループ全体の組織・人事戦略をリード。2019年より、執行役員CHRO 兼 経営戦略本部長に就任。人材の採用・育成を通じたグループの成長にコミットしている。


小林:いや、ちゃんと言ったでしょ「待ちますよ」って(笑)。

杉山:そうだったんですか。なんかちょっとうらやましいです。私は自分のほうから「雇ってください。お願いします」って言って入りましたから。
海外事業本部 海外事業企画部 部長
杉山 孝史

慶應義塾大学卒業後、大手外資系コンサルティングファームに入社。以後、複数のファームで18年間にわたりコンサルタントとして従事。数多くの企業を相手に、サプライチェーンやマーケティング等の業務コンサルティングや、経営の変革戦略や中期経営計画等の策定、さらにはM&A案件をクロスボーダーなものも含め多数手がけ、2017年にはエグゼクティブMBAも取得。パートナー職にも就任していたが、2019年にトリドール入社。グループ目標達成のための戦略策定および実行局面を担っている。


小林:いや、杉山さんが変なんだよ。普通、コンサルのトップファームでパートナーにまでなっていたら、そんな低姿勢で来ないもの(笑)。

鳶本:もう1つ僕らに共通点があるとしたら、やっぱり粟田さんが打ち立てた中期経営計画のとんでもなさに惹かれた点じゃないかな? 皆はどうか知らないけど、正直なところ私は「10年後(2015年当時)に世界で店舗6000店、売上5000億円」というのを発見した瞬間、吹きましたからね。いや、良い意味で、ですけど。

小林:普通じゃないのは確かだよね。これも良い意味で、だけど(笑)。

足谷:現実離れし過ぎているから、むしろ魅力を感じたというのは事実です。それで会社を訪問してみたら、とんでもないキャリアの持ち主が、めっちゃカジュアルな服装で楽しげに働いていて、その自由さにむしろ凄味を感じましたよ。

小林:やんちゃ坊主だったくせに?(笑)

自由で前向きな集団なのだから、やんちゃなくらいでちょうどいい

杉山:ただ、本当に自由な会社というのは実はとても少ないでしょ。小林さんや鳶本さんも前職などで見てきたでしょうけれど、私も前職でたくさんの企業を見てきました。普通、経営層の人間が「今度こういうことやりたいんだよね」なんて言っても、そう簡単に実行に移せるものじゃない。

足谷:3人はプロフェッショナルファームでの経験で、いろいろな企業の実態を見てきたわけですよね。でも、事業会社にもともといた私からして、トリドールの自由さは驚きに値しました。

鳶本:なんならルーティンワークなんてものがそもそもなくて、僕ら全員、自分で手を挙げた仕事ばかりしていると言ったっていいぐらいだからね。もちろん、やるからには結果を問われる厳しさもあるけれど。

足谷:耳が痛い(笑)。僕なんて、もうすでに何度もお目玉をちょうだいしていますから。

鳶本:いや、お目玉をあげた僕が言うのもなんだけど(笑)、足谷さんがこの2年ほどで担ってきた仕事なんて、どれもプロフェッショナルファームにいたって、若いうちから任される仕事ではないからね。
杉山:事業会社に限ったことではなく、トップファームにいても「これがやりたい。やるべきだ」と提案しているのに「気持ちはわかるけれど、今こういう案件が来てるからこっちをやって」みたいなことが、当たり前に行われていたりする。だから、「トリドールは事業会社だから面白い」というよりも……

小林:そうそう、「トリドールは変だけど面白い事業会社」なんだよね(笑)。杉山さんがいたファームもそうだっただろうし、僕がいたファンド会社にだって少なからず、言いたいことを言ってもなかなか反映されない部分はあった。でも、粟田さんが望んでいることもあって、この会社では本当に地位とか前歴とか年齢と関係なく、皆が言いたい放題。

鳶本:私も以前いた会社では社長室にアポなしで飛び込んで主張していた輩だから、足谷さんくらいやんちゃでちょうどいいと思うよ、トリドールには。

小林:ここで宣言しておきますよ。大企業で2、3度トップからカミナリを落とされたことがあるくらいの人、どうぞトリドールに注目してください、って(笑)。

よく吠える生き物が揃っている「オリのない動物園」で、プロフェッショナル人材は何をすべきか

杉山:皆が言うように、ここは本当に居心地が好いですよね。見方を変えれば、自由な人がたくさんいるせいで動物園のようでもあるけれど。

足谷:小林さんが言っているように、とにかく正しいと思ったことは口にできるし、やりたいと思ったことはやらせてもらえる。人と人との距離感が現場でも、本社でもとても近い。カミナリを落とされた後で、カミナリを落とした人たちと飲みに行って、当たり前のように無礼講だったりもする(笑)。

鳶本:動物園は動物園でも、オリのない動物園かもね(笑)。そして、けっこう皆が好き勝手に吠えているんだけど、なぜか平和と秩序は保たれているという動物園。無茶ぶりも日常茶飯事だけれど、前向きな無茶ぶりばかりだから、ふられた方も嬉しそうに走って行く。

杉山:今日の座談会にしたってそうですよ。僕は昨日まで出張でロンドンにいたのに、足谷さん、それを知っているくせに「明日の座談会の撮影ではトリドールのざっくばらんな空気感を表現したいのでアロハでお願いします」って連絡(笑)。1日前に、ロンドンに、「アロハは誰でも持っている」前提で……自由にもほどがある(笑)。

足谷:えー、でもおかげさまでほら、いい感じじゃないですか僕たち(笑)けど、持ってないっておっしゃるから、その服僕のじゃないですか!(笑)


鳶本:とにかく自由だし、前向きに本音をぶつけ合えるという良いムードが、より色濃くなってきているのは事実ですよね。とにかく私たちは、とんでもない目標を本気で達成しようという集団なのだから、「今のままではいけない。変わらなきゃ」というムードが、本社にも現場にも充満してきたのは素晴らしいこと。でも、だからこそここにいるメンバーも含め、経営陣と称される人間には「変わるためにどうするか」を示し、自ら体現する責任は背負っていますよね。

杉山:逆に言えば、そういう責任を背負っているという自覚を皆が持っているからこそ、ここにいる人たちは距離が近いんじゃないかと思いますね。それに、変革を目指す会社って、経営企画部門の人たちばかりが良くも悪くも突っ走ってしまい、気がついて振り向いてみたら現場の人たちは冷めていて、ついてきてくれてなかった、なんてケースも珍しくない。
 
小林:間違いなくトリドールグループの現場にいる人たちは熱いですね。だから、プロフェッショナル人材として経営戦略本部に参画したとしても、現場の熱量と同等に向き合える人、コミットできる人じゃないとやっていけないと思う。

足谷:前職では現場によっては僕のような立場の者が数字を突きつけて、詰めていくようなプロセスもあったけれど、トリドールの現場にはどんどん問題を解決していってる人たちも多いし、そもそも問題意識も高いから、そういう現場のヒーローを主役にしていけるかどうかを、僕らの側が問われているような気がします。

小林:そうですね。皆が対等に議論できるし、基本的に前向きな方向性で意見をぶつけ合っているから、私たちがグイグイ引っ張るというのではなくて、プロデューサー役をしっかり務めないと、というところは大いにある。

杉山:だから、これから加わろうとしてくれているプロフェッショナル人材の皆さんについても、「なんでも言ってください、やりますから」という姿勢じゃない人がいいですよね。そうじゃなく、自由に自分のやりたいこと、やるべきだと思ったことを、自分で獲りに行ってもがいていくような人が、この不思議な動物園にフィットする。

小林:おそらく伝わるはずですよ。皆でこれだけ実態を話したんですから。ここにいる3人については、私も責任を感じていますが、これから入ってくる人については、皆も共同責任なのでよろしく(笑)

トリドールで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • facebook
  • Line
  • Linkedin