次世代採用情報

トリドールな人たち

採用情報 > 次世代採用情報 > トリドールな人たち > 経営戦略本部 経営企画室 兼経理部 部長脊戸 僚介

経営戦略本部 経営企画室 兼<br>経理部 部長<br>脊戸 僚介

経営戦略本部 経営企画室 兼
経理部 部長
脊戸 僚介

「トリドールが目標として掲げている「外食業界のトップ10」はぜひ達成したいですね。そのためには、海外事業を成長の波に乗せることが欠かせません。」


公認会計士試験に合格し、新卒でデロイトトーマツグループの有限責任監査法人トーマツに入社。トータルサービスで会計監査業務やIPO支援、財務デューデリジェンス/バリュエーション/PMI業務、財務シミュレーション業務に従事。2018年10月株式会社トリドールに入社。

前職でのご経験を教えてください。

デロイトトーマツで会計監査業務からはじまり、企業再生、財務デューデリ、PMIなどの経験を積んできました。トータルで10年いましたが、クロスボーダーでの経験を希望してロンドンで2年弱の勤務もありました。最終的には、海外企業のM&AにまつわるデューデリおよびPMIというスキル、経験が身についたのが自身のキャリアに大きなプラスとなったと思います。
監査業務よりは、クライアント視線に立って業務をしたく、キャリアの大半をアドバイザリー業務を担当しておりました。

転職を考えられたのは、なぜですか。

前職では、第三者的に助言はできても、プロジェクト自体を自らハンドルできないことへの物足りなさを感じていました。また、PMIであれば財務会計だけでなく、ITや人事、事業戦略と多面的に取り組みたい思いもありました。もう一つ、家族との時間を持ちたかったという点ですね。子供が小学生にもなれば手が離れて仕事に没頭できると思いますが、まだ小さいので送り迎えもしてあげたいと思いました。コンサル会社ではある程度クライアントの都合に合わせる面があるので難しかったですね。また、メーカーでも始業時間が早いところは選択肢から外れました。
また、コンサル時代に担当した企業を見ていて感じたのが、「成長過程にあり、ある程度裁量権のある会社で働いてみたい」ということでした。ただ、ベンチャーは身を投じる対象として見てみると、玉石混交で選びきれなかったというのが正直なところですね。

トリドールを選んだのはなぜですか。

企業として程よく成熟しており、かつ、成長意欲が高いなど、やりがいと条件のバランスがよかったと思います。実際に入社してみて、予想以上にベンチャー的で整備もあまり進んでおらず、仕事量も多いというのはありますね。ただ、結果にコミットするスタイルなので10時出社にさせてもらっており、パソコンがあれば仕事はどこでもできるので、早帰りも可能など、就業形態はフレキシブルです。そして、仕事面ではイニシアチブ持って動けるのがとてもよいです。

事業推進部の所属ですが、どのような守備範囲ですか。

連結や月次の予算管理を行うのと並行して、まだあまり整備のされていない投資・撤退基準の策定にも取り掛かっています。それは上司に相談しながらも、自分で主導して進められるので面白いです。また、いま管理会計・予算管理システムとしてOracle PBCSを新たに導入しようとしているので、その導入支援も担当しています。
また、海外で買収した会社のPMIにおける法務・財務・会計まわりも担当しています。
マルチタスクで、2時間ごとにやることが変わっているような状況ですが、全てを自身で手を動かしていたコンサル時代と違い、トリドールでは、作業面は外部にアウトソーシングしている部分も多く、ハンドルを握ってコントロールするのが私の役目です。

転職する際に、業種はどのように考えたのでしょうか。外食業界はどうですか。

顧客接点があるB to Cのほうがやりがいはあると思っていましたが、外食に対してのこだわりは特にありませんでした。ただ、外食プレイヤーとしての勝ち筋はあると思っています。
面接で粟田社長が言われて印象的だったのが、2025年度に5000億円と掲げる売上目標に向けて「主力である丸亀製麺のほかに、新たな軸を作らなければならない。そこに丸亀製麺のノウハウを全て詰め込んでしまうと似通って面白くないし、お客様にも受け入れられないだろう。だから、あえてそうせず、独自に考えていく」とおっしゃっていたことです。今の外食業界では基軸のノウハウをスライドする、リスクの少なさそうな事業展開が目立ちますが、顧客目線で考えるというのはこういうことかと思わされました。
また、私自身、コンサル時代にオーナー企業にも数多く接した中で、高圧的な創業社長というのも決して少なくはない印象でしたが、粟田社長は相手の話にきちんと耳を傾けられる方だと思います。実は入社してすぐに、直接業務について説明を行う機会があって、私としては大変緊張したのですが、その際も度量の大きさが感じられました。こういう方のもとだからこそ、いま、多様な人材が集まってきているのだろうなと改めて実感しました。

今後やっていきたいことを教えてください。

トリドールが目標として掲げている「外食業界のトップ10」はぜひ達成したいですね。そのためには、海外事業を成長の波に乗せることが欠かせませんが、国によって食文化も宗教も法規制も異なるので、どう勝ち筋を描いていくかが課題です。私としても、財務会計面で寄与するのはもちろん、ファンド組成などを主導して行い、進出基盤を固めていくのが目標です。また、進出はしても停滞する事業というのも出てくると思うので、そこは事業推進部として第三者的立場で撤退から再投資というプロセスを早く構築したいですね。
ファンド組成については、トリドールでは米国で外食企業に出資するハーゲット・ハンターが組成した投資ファンドHHCP(ハーゲット・ハンター・キャピタル・パートナーズ)にLP出資しているのですが、これにより外食産業で海外展開するにあたって貴重なマーケット情報が得られるのです。私個人の意見では、アジアには外食専門のファンドはないのですが、それでもある程度ポートフォリオを絞ったファンドに対してLP出資していくことで、M&Aや既存ブランド展開の確度を上げていけると思うのです。同時に投資・撤退基準もブラッシュアップしていくことで、トリドールらしい勝ちパターンを作っていけるでしょう。

候補者にメッセージをお願いします。

トリドールは上場企業でありながらベンチャー的で、自分で手を挙げれば何でもできる環境があります。もちろん、その分、責任は負うわけですが、それも含めてやってみたい、楽しみたいと思う人にはもってこいの場です。イニシアチブを持って自走したい方をお待ちしています。

トリドールで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • facebook
  • Line
  • Linkedin