次世代採用情報

トリドールな人たち

採用情報 > 次世代採用情報 > トリドールな人たち > 執行役員 CHRO 兼経営戦略本部 本部長鳶本 真章

執行役員 CHRO 兼<br>経営戦略本部 本部長<br>鳶本 真章

執行役員 CHRO 兼
経営戦略本部 本部長
鳶本 真章

「『待てよ。この社長は、そしてこの会社の人たちは、本気でこの目標を達成しようとしているぞ』と直感したんです。そして次の瞬間『もしも本気ならば、こんなに面白い会社は他にはない』と、私自身が奮い立っていました。」

「食」に関わる仕事の魅力を正しく伝え、引き上げていきながら、多くの仲間と夢を実現したい

大企業もベンチャーも経験し、同時に、事業会社での働き方もコンサルタントのようなプロフェッショナル人材としての働き方も実践してきた鳶本さんですが、トリドールを選択するまでにどういうこだわりを持って仕事をしてこられたのでしょう?


私は若い時から一貫した希望を持っていました。それは、「尊敬できる経営者の参謀になって組織の快進撃を支える役割で貢献したい」というものです。どうしてもこの業種じゃなければイヤだ、というようなこだわりはなく、とにかく「参謀として役に立てる人間になるにはどうしたらいいのか」を考えた結果、多様な環境に身を置いて、多様な経験をしながら一つひとつ学び取っていこうと思ったわけです。
執行役員 CHRO経営戦略本部 本部長
鳶本 真章

大学卒業後、大手自動車メーカーに入社。マーケティング領域に従事した後、京都大学大学院でのMBA取得を経て、大手外資系コンサルティングファームへ。多様な経営戦略案件にコンサルタントとして携わった後、大手日系建材メーカーで社内コンサルティング部門を担当。その後、複数のベンチャー企業での経営支援を経て2018年にトリドール入社。以来、グループ全体の組織・人事戦略をリード。2019年より、執行役員CHRO 兼 経営戦略本部長に就任。人材の採用・育成を通じたグループの成長にコミットしている。


僕自身は自分のキャリアビジョン目的をもち、転職をしてきました。明確な目的を持っていたからこそ、それぞれの職場や立場で得たすべての経験が私の力になっていると信じています。例えば、「大きな組織にはどういう強みがあり、反面どんな課題が浮上しがちなのか」、「ベンチャー企業が経営を成立させるためには何が必要で、どんな人材が活躍するのか」、あるいは「コンサルタントとしてクライアントの経営にコミットすることと、事業会社の内部にいて経営戦略を実行していくことの違いはどこにあるのか」というような事柄は、実際にその場に自分が出向き、体感をしていかなければ本当の意味で理解することはできなかったと思うんです。ともあれ、多様な経験から成長をしていく段階ばかりを追いかけてもいられません。どこかのタイミングで線引きをし、経営参謀として勝負していくべきだとも考えていましたし、それは30代半ばまでに決めるべきだろうとも思っていました。このタイムリミットが近づいてきた時、出会ったのがトリドールであり、社長の粟田だったということです。

様々な規模や業種の企業に携わり、いくつもの役割を担ってきた鳶本さんが、他ではなく「この会社の経営参謀になりたい」と決意した要因は何だったのですか?


理由は3つあります。1つは飲食業というものの魅力。働く場の業種にはこだわらない、という気持ちにブレはありませんでしたが、トリドールという会社に関心を持ち始めてから改めて日本の外食産業のイメージを見つめてみると「キツくて大変で経営が難しい」という一般的な評価がいつのまにか浸透してしまっている。「本当にそうなのかな? もしもそうだとしたら悲しいな」と感じたんです。だって人は嬉しいことがあったら美味しいものを食べに行きたい生き物だし、悲しいことがあった時には飲食の場で、悩みを打ち明けたり、または、英気を養ったりもするじゃないですか。そういう大切な場に立ち会い、寄り添っていける仕事なんてなかなかないのに、いつの間にか職業としてはネガティブな印象が強くなっている。これを根底から変えることができたら、どんなにやりがいのある仕事だろうと思いました。世の中の多くの人の役に立てる場がここにはある、と感じました。
もう1つの理由は創業社長の粟田が、「2025年度までに世界6000店舗、売上5000億円を達成する」というとんでもなく高い目標を、胸を張って堂々と掲げていた点です。正直、コンサルティングにも携わってきて、経営上の数値目標の常識みたいなものが頭にたたきこまれていた私ですから、この非常識ともいえる目標設定を知った時には笑ってしまいました。いったい何を考えているんだろう、と思ったわけですが、様々なインタビューを読んだり、トリドールの成長実績をはじめとするデータを読み込んだりするうちに「待てよ。この社長は、そしてこの会社の人たちは、本気でこの目標を達成しようとしているぞ」と直感したんです。そして次の瞬間「もしも本気ならば、こんなに面白い会社は他にはない」と、私自身が奮い立っていました。
3つめの理由はシンプルです。数々の企業で多くの人に会い、面談をしていましたが、トリドールほど魅力的な人たちがいる会社は他になかったということです。ともに頑張っていけそうだと感じるだけでなく、一緒に働いたら楽しいだろうと思わせてくれる人が粟田だけでなくたくさんいることがわかったので、最後は何の迷いもなく入社を決めていました。

技術ならばいつでも真似ができる。これからの企業の価値は「真似できない人」の存在が決める

入社直後から担っている経営戦略のミッションと、新たに就任したCHROとしてのミッションについて教えてください。


トリドールが展開する各ブランドの成長戦略や、グローバルも含めた地域展開上の戦略などに加え、非外食事業も含むグループ企業各社の経営計画も踏まえながらトリドールホールディングスの経営戦略策定および実行計画には一貫して携わり続けています。個別のミッションとしては、シンガポールで実施した投資案件の成功にもコミットしてもいます。そんな中、粟田との話し合いを経てトリドール全体の飛躍を実現するにはこの会社が人材開発企業となっていく必要があると捉え、組織改革の推進や人材採用および育成をより強化していく方針となりました。ITやデジタル領域に限らず、これからも技術革新のスピードは上がり続けますし、トリドールもまたこの革新に対応して、経営に役立てていこうと考えていますが、技術が持つ優位性には限界があります。なぜならどんなに優れた技術をいち早く導入できても、それを真似して採り入れていくことは決して難しくないからです。むしろ企業価値の優劣を決定づけるのは、技術や事業を動かしていく人間という存在です。優れた人材の才能や能力を別の者が真似しようとしても容易にはいきません。だからこそ、素晴らしい才能の発掘と採用、そしてその原石を磨き上げていく育成環境や手法に注力していこうと決めたのです。そして、この取り組みの担当リーダーとして私のCHRO就任も決定しました。
新たに人材企業として飛躍するための課題としては、粟田との対談でもお話をしているように、組織を変え、オフィス環境も一新して、今いるメンバーが担当職務や部門を超えてつながり、コミュニケーションを通じてイノベーションを生み出していける土壌を作るため様々な施策を打っていくことです。そうしてあらゆるメンバーがいきいきと仕事をしていくことがトリドールの魅力となって、人材採用にもつながっていくことを期待しています。少子高齢化が進む今、あらゆる国内産業が人手不足に悩んでいますし、その傾向は今後どんどん強まるでしょうけれど、真に魅力ある企業には優秀な人材が集中するでしょう。そのためには、業績を向上させていくのはもちろんのこと、多様な価値観の持ち主たちがそれぞれに充実した思いで働ける場にしていくことが重要なのです。

経営に特化したキャリアを持つプロフェッショナル人材を強く望み、採用でも注力している理由とは何なのでしょうか?


トリドールが掲げる高い目標は、「食」の世界で繰り返し行われてきたことを継続するだけでは到達不能です。現場のオペレーションにしても、新業態の開発にしても、経営戦略の実行にしても、前例を覆すような変革を起こし続けなければいけません。そのためにも現場を中心に皆がいきいき働き、チャレンジを恐れない企業風土を築いていこうとしていますが、今後参画してくれる人たちには、「食」とは無縁に思えていたような領域のアイデアを持ち込んでくれたり、戦略策定やファイナンスなど経営支援の領域で磨いてきた専門性を持ち込んでくれたりすることを期待しているのです。私自身がそうでしたから自信をもって言いますが、「食」とは関係のない仕事をしてきた者であっても、食べることは誰もが好きですし「こうだったらいいのになあ」という思いを持っていたりもします。そういう人がトリドール内部で鍛え上げられてきた人材と出会うことで化学変化を起こす。それもまたイノベーションにつながる道だと思っているんです。私のような経営参謀を志す人間が会社に入ってくる場合、たいていは上から目線で現場に指令だけ伝えて、数字ばかり追いかけている様子をイメージしがちでしょうけれど、少なくともトリドールは違います。例えば、現場でたたき上げたスーパー店長から学ばせてもらうことは本当にたくさんありますし、店舗に出て行って一緒に働く中で気づきを得ることも少なくありません。そういう環境下、誰もが立場や前歴など関係なく、熱く議論をしています。外側から顧客企業を支援する立場ではなく、中に入り込んで仲間と結束しながら手触り感のある仕事がしたい、というプロフェッショナル人材にとっては理想的なカルチャーや人間関係が揃っている。そう断言できます。

では、まさにプロフェッショナルな世界にいる人たちに向けてメッセージがあればお願いします。


私がトリドールに来て痛感したことの1つに「頭で考えた”正しい事”と、やってみた結果”正しかった事”とは全然違う」というものがあります。飲食のビジネスではありとあらゆるかたがたがお客様としていらっしゃいます。何が正解なのかは、そうそう簡単にはわかりません。でも、だからこそ面白いと感じています。ロジックや数字やテクノロジーだけで正解を導き出すことはできないビジネス。それだけに「人」の価値がものを言うし、「人」と「人」とのコミュニケーションがモチベーションにつながり、イノベーションを引き起こす。それを私と同じように「面白い!」と感じてくれるかたに、どんどん入ってきてもらい、どんどん口出しや手出しをしてほしいと願っています。こんなことを最優先で望むような企業は他にはないと、私は信じていますので、関心があったら臆することなく声をかけてほしいですね。

トリドールで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • facebook
  • Line
  • Linkedin